ホウ・シャオシェンのお買い得情報

ホウ・シャオシェンのお買い得情報をご紹介しています。

キーワード:



TOPページ | 前のページ | 次のページ

風櫃の少年 [Blu-ray]

価格:3,891円 新品の出品:3,891円 中古品の出品:1,970円
コレクター商品の出品:1,000円
カスタマーレビュー
世界に台湾ニューシネマの存在を知らしめた記念的作品。「非情城市」「恋恋風塵」のホウ・シャオシェン監督80年代の傑作が、いま最高画質で甦る! 三大陸映画祭でグランプリに輝き、世界に台湾ニューシネマの存在を広く知らしめた最初の一本となる記念碑的作品。「冬冬の夏休み」「童年往事」「恋恋風塵」へと続く、ホウ・シャオシェンによる80年代青春映画の端緒を飾る傑作である。台湾の離島で育った不良たちの、少年から大人へと成長するその貴重な瞬間の放埓、もがき、そして恋を描く、多分に監督自身の自伝的要素も散りばめられた青春映画。最新作「黒衣の刺客」に至るまでホウ・シャオシェン作品に欠かせない脚本家として重要な役割を果たし続けているチュー・ティエンウェンが、本作で初めてホウ監督作品の脚本を執筆した。主演のニウ・チェンザーは本作での強烈な存在感で、台湾ニューシネマを代表する青年俳優とみなされるようになる。後にはプロ
ヤンヤン 夏の想い出 [DVD]

価格:3,175円 新品の出品:3,175円 中古品の出品:7,405円
コレクター商品の出品:11,000円
カスタマーレビュー
8歳の少年“ヤンヤン”とその家族の姿を描いた、エドワード・ヤン監督が贈る珠玉の家族ドラマ。
素晴らしき放浪者 ジャン・ルノワール監督 Blu-ray

価格:3,110円 新品の出品:3,110円 中古品の出品:1,672円
コレクター商品の出品:54,800円
カスタマーレビュー
水は流れ、人生は続く。 すべては気のむくままに。 フランスの名匠ジャン・ルノワール監督の初期作品が初ブルーレイ化。名優ミシェル・シモンの伸び伸びとした存在感と演技が光る。ルノワール監督ならではの映像美に彩られ幸福に包まれた傑作コメディ。 【内容】 人生に絶望した浮浪者ブーディがセーヌ河に飛び込んだ。そこを偶然通りかかった書店主のレスタンゴワが救う。家に連れてこられ食事や寝るところも提供され、世話になるブーディだが、突如横柄な態度をとりはじめる。あげくに、レスタンゴワの奥さんや愛人にまで手を出す始末。当然のことながら、レスタンゴワの不満が募っていくが・・・。【作品情報】監督:ジャン・ルノワール脚本:ジャン・ルノワール 撮影:マルセル・リュシアン 音楽:ヨハン・シュトラウス出演:ミシェル・シモン/シャルル・グランバル/マルセル・エイニア/セヴェリーヌ・レルシンスカ【スペック】製作国:フラ
台湾新電影(ニューシネマ)時代 [DVD]

価格:3,175円 新品の出品:3,175円 中古品の出品:3,631円
コレクター商品の出品:5,000円
カスタマーレビュー
ホウ・シャオシェン、エドワード・ヤンらによって80年代初頭に興された台湾ニューシネマを今日の視点から振り返る、アジア映画好きなら必見の貴重なドキュメンタリー! ホウ・シャオシェンやエドワード・ヤンなどを世に知らしめることになったひとつの映画ムーブメント・台湾新電影(ニューシネマ)を、台湾の外から世界的スケールの視座で振り返る貴重なドキュメンタリー。従って、ホウ・シャオシェンらの映画に外側から、または後から触れた者への取材に多くの労を費やしているのが特徴である。例えば日本からは浅野忠信(「珈琲時光」でホウ作品に出演)、是枝裕和や黒沢清が、そしてまた中国のジャ・ジャンクー(「山河ノスタルジア」)、タイのアピチャッポン・ウィーラセタクン(「ブンミおじさんの森」)から、フランスの映画監督オリヴィエ・アサイヤスや芸術家アイ・ウェイウェイまで、世界各地でその影響を受けた人々が、その思いを語る。この幅
童年往事 時の流れ <HDデジタルリマスター版> [Blu-ray]

価格:4,670円 新品の出品:4,080円 中古品の出品:1,197円
コレクター商品の出品:12,000円
カスタマーレビュー
「非情城市」「恋恋風塵」などで名高い巨匠、ホウ・シャオシェン監督の80年代の傑作が今ブルーレイで甦る!台湾ニューウェーブの立役者にして、世界中にその名を知られる映画監督ホウ・シャオシャエン(侯孝賢)。その彼が一躍注目されるきっかけとなり、台湾ニューウェーブの誕生を告げた歴史的作品といわれる「坊やの人形」、そして「恋恋風塵」「冬冬の夏休み」とともに、初期の彼を代表する傑作「童年往事 時の流れ」の2作品をデジタルリマスター化。2014年、台湾ニューウェーブを振り返る映画祭「台湾巨匠傑作選」でひさしぶりにスクリーンに甦り、大好評を博した。「坊やの人形」をへて、ホウ・シャオシェンの作風がひとつの完成を見た作品として、「恋恋風塵」とともに80年代を代表する一本。監督自身の青少年時代が色濃く反映された、半自伝的ドラマである。登場人物にたくさんの死が訪れるが、メロドラマ的映画とは異なり、客観的距離感を保

TOPページ | 前のページ | 次のページ